僕がAbemaTVをマスメディアにしたい理由

サイバーエージェント 新卒

AbemaTV広告本部(AAA)配属の

濱名 亮太(ハマナ リョウタ)です。

 

 

f:id:mother8:20180430222629j:plain

 

AAAに配属頂き1週間

ロケスタは有難いことに最速クリアすることができ

文字通り明日からもロケットの如く

鬼の形相で誰よりも受注を決めていきたいと思います。

 

同期よりもとかではなく

僕は先輩もライバルとしか見ていませんので

僕が牽引して市場を創る意識でやっていきます。

※前提、一緒に市場を創っていく仲間です。

 

僕が成功を追うのではなく

成功が僕についてくる。

そう言い張れるくらいに日々を過ごす。

 

----------

 

ということで

僕がAbemaTVをマスメディアに

したい理由について

ご説明させて頂きます。

 

 

◯一緒に全国の舞台で闘った仲間がいるFリーグを大きくしたい

 

f:id:mother8:20180430222029j:plain

 

僕の友人である"千歳吾郎"というイシツブテみたいな男がいる。

イシツブテというのは画像の通り

見たまんまのニックネームであり

高知大学の仲間として

共に全国の舞台で闘った戦友だ。

 

 

守備をしない僕にいつも激しい喝を飛ばし

攻撃にしか目を向けない僕の足元へ

お世辞にも上手いとは言えないスローをいつも投げてくれた。

ゴールを決めた時は鬼の形相で駆けつけてきて

誰よりも後方から味方を元気付けていた。

 

 

そんな彼が今年からFリーガーになるのだが

マイナースポーツであるFリーガーは

待遇が圧倒的に厳しい。

 

プロとしてフットサルだけで

生活している選手は一握り

アルバイトと両立しての選手生活と聞いている。

 

www.pivo.co.jp

 

このように待遇面の厳しさから

若くして引退を余儀なくされる選手が

多いのも現実である。

 

フットサルに限らずだけど

プロになれる選手って本当に尊敬しています。

おそらく、日本の人口の上位0.1%くらいでしょうか。

誰かに夢を与えることが出来る存在なのに

その存在の待遇がこうだと夢がないですよね。

(上手い事言ったと思っている。)

 

テレビ局がフィギュアスケート

バドミントン(オグシオ)などを

育てたように

 

AbemaTVがマイナースポーツを育てる事が

出来る存在になるべきだと思うし

その中にフットサルは絶対にあってほしい。

競技人口も2011年のピークで400万人前後いるし

プレーする環境も全国的に整っている。

 

Bリーグがうまくいっているように

Fリーグだってなんとかできるはず。

 

このイシツブテ君からも

執拗にAbemaTVと上手くやれる方法はないかと

鬼の連絡を頂く。

 

個人的にもフットサルというスポーツに感謝している。

北海道出身で冬はサッカーができなく

フットサルをしていた。

身体能力が圧倒的に低く

足元の技術が圧倒的に高い僕は

サッカーで試合に出れなくても

フットサルでは活躍する事ができた。

 

f:id:mother8:20180430222022j:plain

※上段左から3番目がイシツブテ

 

 

そんな感謝しているフットサルで

プロとして活躍している友人もいる。


AbemaTVがマスメディアとして成長する事で

フットサルをはじめとするマイナースポーツの

発展に貢献することが出来ると信じている。

 

そんなマスメディアを創ることにワクワクして

明日からも頑張っていこうと思います。