【電通過労死事件】こんな社会に適合してるほうがヤバい件について。

 

 

f:id:mother8:20161008193429j:plain

 

言いたいこと1つ。

 

この日本社会に適合してるヤツの方がヤバイいですよねってこと。

 

 

 

 

 

電通過労死事件

いま世間を騒がせている電通社員過労死事件について。

 

 
労働時間、パワハラなど、様々な問題があっての過労死だと思いますが、なぜこの人は逃げることが出来なかったのか。
 
それはきっと、日本社会の「続けることの美学」とか、一度会社を辞めると「社会不適合者」の烙印を押されるとかの要因も大きかったのではないかと。
 
 
では、なぜ日本において、「忍耐力」とか、「石の上にも3年」とか、くだらない風潮があるのだろうか。
 
諦めるのは良くないことだけど、良い意味で明らめることって本当に大切なスキルなのに。
 
 

自分の心の声に従って何が悪いの?

 

僕は、"研修期間の男"と呼ばれていました。

 

アルバイトで研修期間を終えた試しがないないからです。

 

むしろ、研修期間の男と名乗ることすら許された身分ではありません。

 

年間で5個くらいやめた経験があります。

 

 

 

それはシンプルに

 

つまんないから。

なんか違うって思ったから。

こんなところで頑張っても意味がないって思ったから。

 

その度に、

 

社会不適合者

 

忍耐力がない

 

クズ

 

などなど、周囲からはひどい言われようでした。

 

 

でもそれって、自分の居場所じゃなかっただけって思うんです。

 

 

人間が空を飛べないように

 

魚が陸を歩けないように

 

僕は、単純労働の仕事が出来なかったんです。

 

 

 

その後、高級スナックで働ける縁があり、一年間しっかりと働くことが出来ました。

 

お客様の層がお金持ちの高齢者だったため、

 

まいにち、新聞を読んで勉強してましたし

 

お酒の知識もメキメキと取り入れていきました。

 

普通では出会えない人にも会えたし

 

高級ウイスキーもたくさん飲み比べできたし。

 

 

それが出来たのも、そこが"自分の居場所"だったから。

 

 

そして何よりも

 

やめまくったから。

 

自分の心の声に正直でいたかったから。

 

あの時、くそもつまらないバイトを耐えてやっていたと思うとゾッとします。

 

 

 

 

1、平均年収1000万円越えの野村證券を辞めた人

 

f:id:mother8:20161008193429j:plain

 

「野村證券の辞め方」という有名な記事を書いた、カルロスさん。

 

記事では、同期の自殺未遂、先輩の失踪、自身の感情を赤裸々に述べている。

 

 

そんな野村證券をやめ、今ではこんな生活をして豊かに生きている。

 

crls1031.com

 

 

2、会社員を辞めてプロブロガーに

 

f:id:mother8:20161008211631j:plain

クソマジメゲスブロガーの、あんちゃさん。

 

www.mazimazi-party.com

 

1年働いてみて、仕事

も楽しいし、生活も慣れてきて東京も悪くないなと思った。

 

ただ、相変わらず知り合いも増えず家と会社をひたすら往復する毎日。

土日は平日の疲れをとるために昼まで寝て、溜まっていた家事洗濯をこなす。たまに友人と食事に行く。日曜の夜は仕事にそなえて早めに寝る。

 

こんな生活スタイルを1年続けていました。

 

そして、1年経ってふとした瞬間に「もしかして、こんな生活何十年も続けるのか・・・?」って思ってしまったんです。

 

なぜか日曜になると憂鬱な気分になって「明日仕事かぁ」とため息をつく。そして土日のために平日を頑張る。

仕事は楽しいはずなのに、なんで「早く土日にならないかな」って思ってるんだろう?

本当に楽しいことなら、その時間を惜しむはずなのにって疑問を持ったんです。

 

 

こんな疑問を抱いていた、あんちゃさん。

自分の心の声に正直に従い、会社を辞め、ブロガーに。

 

 

辞める事ってなにも悪いことではない

 

最近

 

夢は努力をすれば叶うとか、

 

メディアはピックアップしすぎのような気がします。

 

 

 

正確に言うと、

 

自分に適した場所で

 

正しい努力をした人が

 

夢を叶えるだと思うんです。

 

 

ビリギャルとかの話にしろ、例がないからあれだけ世の中で話題になっている訳で。

 

こんな話しばかり取り上げるものだから、諦めなければ夢は叶う思考になって、続けることが美徳になっているんですよ。

 

 

野村證券を辞めたカルロスさん

 

会社員を辞めてブロガーになったあんちゃさん

 

二人にしろ、何かを捨てた結果何かを得れた訳で

 

そのまま我慢をして続けて言ったら自殺してたかもわかりませんよね。

 

 

 

何でもかんでもすぐ辞めろって言ってる訳でもなく、我慢する必要がないって言ってる訳ではありません。

 

ただ、人間には向き不向きがあるんで

それを探すために何かを辞めるという選択肢は逃げでも何でもない

 

 

むしろ勇気ある選択なんだよってことを伝えたいです。

 

最後に一言!

おっぱい!!!

 

twitter.com