一流の料理人は、料理をしない人ばかりです。

f:id:mother8:20161003212230j:plain

 

この二人はガチの料理人ですが、料理をしている姿をみた事はありません。

 

 

 

 

 

フライパンで食材に加熱することでを吹き込んでいます。

 

砂糖という調味料をとおしてを吹き込んでいます。

 

とり肉を切ることを通してを吹き込んでいます。

 

 

 

 

 

 

ごはんを残すことって

食材がもったいないとか

貧しい国の人は食べたくても食べられないとか

 

そんなんじゃなくて

そんなんじゃなくてさ

 

 

 

料理人の愛を裏切ってるってことなんだよ。

 

 

 

 

料理人が食にこめる愛

 

僕は先月いっぱい、

 

marumo.net

 

っていうのに参加してた。興味あったら読んでね。

 

そこではシェアハウスで共同生活をしていたんだけど

 

ゆうとまるさん、という二人の料理人がいた。

 

 

f:id:mother8:20161003220923p:plain

毎日、夕方にこんな感じでLINEが来て、メニューが決まる。

 

f:id:mother8:20161003220925p:plain

田舎では、愛の”おすそわけ”が頻繁にあるので、こんな感じでメニューが決まる日も。

 

とにかく二人の料理は絶品。

写真だと全然伝わらないけれども

 

f:id:mother8:20161003222058j:plain

ほれ

 

f:id:mother8:20161003222059j:plain

ほれほれ

 

f:id:mother8:20161003222100j:plain

ほれほれほれーーーー

 

f:id:mother8:20161003222101j:plain

どーーーん。

 

 

 

 

魂を込めて

愛を込めて

料理をしている二人に

「あなたは今なにをしているんですか?」って質問をすると何て返ってくるかな?

 

 

 

きっと、適当に料理をしている人なら

「料理を作ってるよ。」って返ってくると思うんだ。

 

 

でも彼ら二人は違うと思うんだよね。

 

 

 

「みんなの笑顔を作っているんだよ。」って答えが返ってくると思うんだよね。

 

だってそうだよ。

 

f:id:mother8:20161003221427j:plain

 

みんなの笑顔がそれを証明している。

 

ゆうとは

まるさんは

 

みんなの喜んでいる姿がみたい。

美味しい美味しいって、馬鹿みたいに叫んでいるやつ(俺)の顔がみたい。

そんな姿が見たくてたまらないんだよ。二人は。

 

ゆうとは

まるさんは

愛のある料理人は

 

 

サッカー選手が、ボールを通して感動を届けるように

 

お母さんが、朝早く起きてつくる弁当を通して愛を届けるように

 

料理を通してみんなの喜ぶ顔を作っているんだよ。

 

そんな僕たちは、おいしいご飯を食べて喜んでいるんじゃなくて

 

喜ばされているんだよね。

 

 

料理人の知られざる苦悩

 そんな愛のある料理人に対して、日本国民の多くがひどい侮辱行為をしている事を知ってる?

それはね

 

 

 

 

 

自分が注文したご飯を残すこと。

それはね

 

 

 

 

「美味しかった。」の一言も言わずに店を出ること。

つまり

 

愛を裏切るってこと。

愛に対して無視してるって事。

そんな裏切りに料理人は深い傷を負っています。

 

料理人がどんな想いで料理をしているのか考えていただきたい。

f:id:mother8:20161003224936p:plain

f:id:mother8:20161003224938p:plain

本当にがあるよな。

 

 

f:id:mother8:20161003224755p:plain

 

f:id:mother8:20161003224759p:plain

 

本当にしかないよな。

 

 

宿泊料を払っているからといって、部屋で何してもいい訳がないように

 

 

家賃を払っているからといって、夜中に爆音で音楽を聴いてはいけないように

 

 

飲食料を払えば、「ありがとう。」「美味しかった。」と言わずに出ていくことは断じて許される事ではないと思う。

 

 

「美味しかった。」っていう、ただの一言だけで、料理人は愛を受け取ってくれたって確認ができると思うんだ。

 

もちろん、本当に口に合わなかった料理とかもあるし、何に対しても言えばいいという訳ではない

 

ただ、美味しかった際に

少しの一言だけで

少しの気遣いだけで

 

 

料理人が救われるって事を知ってもらえればいいなって思う。

 

PS まるさん、ゆうと、一か月間

僕らを笑顔にさせてくれてありがとう!

 

 

 

本当に本当に、最後に一言よろしいでしょうか?

おっぱい!!!!!!!!